REVITを動かすための必要スペック、必要なグラボ、それと推奨パソコンを調べる方法を解説しています。動作環境、グラボ、推奨PCは同じページで調べられません。別のページに分かれているので、調べ方は個別に解説します。

REVITの動作環境を調べる方法


まずは動作環境の調べ方から解説します。動作環境は販売元のAutodesk社が公開しています。下の画像はRevitの動作環境が載っているページです。

開発元のAutodesk社ホームページ


リンク先のページを開くとこういう画面が表示されます↓動作環境を知りたいRevitのバージョンをクリックすると動作環境のページに飛びます。
どれを選べばいいか分からない人は一番新しいバージョンを選んでください。

Revitのバージョンをクリックすると↓こういう画面が出てきます。・メモリは詳しく書かれているので参考になります。
・CPUは残念ながらぼんやりとした情報です。
・グラボ情報はあいまいですが、推奨グラボを調べるページが他にあるので大丈夫です(推奨グラボの調べ方は後で詳しく解説します)。


動作環境のページだけでは不足
動作環境のページを見て分かるのは必要メモリとOSくらいです。グラボやCPUについて詳しく知りたい場合は、推奨グラボや推奨パソコンを調べましょう。

推奨グラボは別のページで調べます。


次は推奨グラボの調べ方について解説します。
推奨グラボはさっきの動作環境のページに書かれていないので別のページを開いて調べます。

開発元のAutodesk社ホームページ


REVITの推奨グラフィックボードを調べられるページです。情報を発信しているのは販売元のAutodesk社です。

リンク先のページを開くとこういう画面が表示されます↓

①製品名を指定。レビットの推奨グラボを知りたいので、「Autodesk Revit」を選択
②製品のバージョンを指定。どれを選べば分からない人は新しいものを選びましょう
③OSを指定。これもなるべく新しいものを選びましょう
④グラボの会社を指定。NVDIAを選ぶことでQuadroだけを表示させられます。ALLを選んでしまうとゲーム向けグラボのRadeonや、専門店でもほとんど扱ってないFireProまで表示されてしまいます。

 ↓4つの項目を指定すると推奨グラボが表示されます

Revitの推奨グラボは型番までわかります
推奨されるグラフィックボードは型番まで調べることができます。



※販売元のAutodesk社が公開しているのは推奨グラボと動作環境だけなので、推奨パソコンを探すときはパソコンメーカーのサイトで調べます。

REVITの推奨パソコンの調べ方(機種名まで分かる)


Revitの推奨パソコンはパソコンメーカーのサイトで調べられます(販売元のAutodesk社のサイトには載っていません)。HP、DELL、Lenovoは動作確認テストに合格した機種を公開しているので、Revitが普通に動く機種が分かります。推奨パソコンを調べる方法は長くなるので折り畳んでいます。クリックで展開します。

HPでRevit推奨PCを調べる方法+クリックで展開

HPでRevit推奨パソコンを検索する方法を解説します。
Revitの動作テストに合格したISV認証済みパソコン、つまりメーカーお墨付きの推奨パソコンを調べることができます。
まずはこのリンクを開きましょう↓
HPヒューレットパッカードの推奨パソコンを検索できるページこの画面が表示されたら「Product certification lookup(認証製品の検索)」というタブをクリックして下さい。

タブをクリックするとこういう画面が表示されるので、項目を4つ選択します。

業界Industry 「すべてを見る」を選んでください。無理に絞り込もうとするより楽なので。
ソフトウェアベンダーSoftware vendor 「Autodesk」を選んでください。Revitを販売しているAUTODESK社のことです。
ソフトウェア製品Software product 「Revit」を選んでください。今回知りたいのはRevitの推奨パソコンなので。
ソフトウェアバージョンSoftware version この項目は自分が利用するRevitのバージョンを選んでください。Revit購入前でどれを選べばいいか分からない場合は、なるべく新しいバージョンを選んでおきましょう。

四つの項目を埋めたら、最後に「Lookup」という青いボタンをクリックします。

メーカーお墨付きの推奨パソコン(ISV認定済)が表示されました。表の左側が推奨パソコンとして認められる機種名、表の右側が推奨パソコンとして認められるグラボです。対応機種と、対応グラボを組み合わせることで、推奨パソコンになります。

HPヒューレットパッカードで推奨パソコンを調べるやり方は以上です。慣れると30秒くらいで検索できます。



LenovoでRevit推奨PCを調べる方法+クリックで展開

LenovoでRevit推奨パソコンを検索する方法を解説します。ここからは画像キャプチャを使って説明します。

まずはこのリンクを開きましょう↓
Lenovo ISV Certifications(推奨パソコン検索ページ)項目を2つ選択するだけで推奨パソコンが表示されます。

左側の項目はソフトウェアの販売会社 Revit販売元の「Autodesk」を選択してください。
右側の項目は利用するRevitのバージョン 自分が利用するRevitのバージョンを選んでください。ソフト購入前でどれを選べばいいか分からない場合は、一番新しいバージョンを選択。



項目を二つ選択するだけでRevitの推奨パソコンが表示されます。ステータスの画面にCertified(認証済み)と書かれているのが推奨パソコンです。
Lenovo側だけでなくソフト会社側でも動作テストをして、テストに合格した推奨パソコンが表示されます。

注意点:推奨パソコンと言ってもすべてのグラボが認定されたわけではなくて、ここに表示されているグラボと組み合わせたものが推奨パソコンになります。上の画像だとThinkPad P1とQuadro P1000、ThinkPad P1とP2000の組み合わせが推奨パソコンになります。カスタマイズ画面では他のグラボも選べますけど、それだと推奨パソコンにはなりません。

Lenovoで推奨パソコンを調べる方法は以上です。



DELLでRevit推奨PCを調べる方法+クリックで展開

注意点:DELLは法人のみ
DELLのワークステーションは法人しか買えません。個人や個人事業主はHPやLenovoで購入しましょう。

デルでRevit推奨パソコンを検索する方法を解説します。
Workstation ISV Certification(DELLで推奨パソコンを検索できるページ)指定する項目は5つあります。

業界Industry 「Engineering」を選んでください。
ベンダーvendor 「Autodesk」を選んでください。Revitを販売しているAUTODESK社のことです。
製品product ソフト名は「Revit」を選んでください。
バージョンversion この項目は自分が利用するRevitのバージョンを選んでください。レビットを購入前でどれを選べばいいか分からない場合は、とりあえず新しいバージョンを選んでおきましょう。
利用OSOS パソコンのOSです。利用する予定のOSを選んでください。

5つの項目を指定したらLookUpという青いボタンを押します。ここまでやるとISV認定取得済みの推奨パソコンが表示されます。
DELLで推奨パソコンを調べる方法は以上です。


自分で推奨パソコンを調べるのが面倒な人は↓この下にあるリストをチェックしてください。Revitの推奨ノートと推奨デスクトップをそれぞれリストアップしました。

Revitの推奨ノートパソコン【2023年2月版】

HP・Lenovo・DELLが公開しているRevit推奨ノートパソコン(ISV認証取得済)をリストアップしました。

DELLのノートパソコン NVIDIA T600 (Quadro)搭載

15.6型のNew Precision 3571 プレミアムモデル

法人と個人事業主は購入可/ Revit2022推奨ノート
※DELLなので法人もしくは個人事業主のみ購入可

初期構成のNVIDIA T600 (Quadro)というグラボをそのまま使うと「下の上」みたいな性能になるので、Revitを操作するとスペック不足になる可能性があります。大きな3Dデータを編集するつもりの人は、RTX A1000もしくはRTX A2000に変更してから購入したほうがいいかもしれません。

・この機種が推奨PCとして認定される構成
〇Precision 3571にNVIDIA T600 (Quadro)
〇Precision 3571にNVIDIA RTX A1000 (Quadro)
〇Precision 3571にNVIDIA RTX A2000 (Quadro)


CPU:Core i5-12500H vPro / メモリ:8GB/ グラボ:NVIDIA T600 (Quadro)
税込 ¥204.784円~

詳細ページに移動
New Precision 3571 プレミアムモデル
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



DELLのノートパソコン NVIDIA RTX A1000 (Quadro)搭載

15.6型のNew Precision 5570 プラチナモデル

法人と個人事業主は購入可/ Revit2022推奨ノート
※DELLなので法人もしくは個人事業主のみ購入可

「中の上」~「上の下」あたりのQuadro搭載ノートです。

・この機種が推奨PCとして認定される構成
〇Precision 5570にNVIDIA RTX A1000 (Quadro)
〇Precision 5570にNVIDIA RTX A2000 (Quadro)


CPU:Core i7-12800H vPro / メモリ:16GB/ グラボ:NVIDIA RTX A1000 (Quadro)
税込 ¥331.184円~

詳細ページに移動
New Precision 5570 プラチナモデル
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



※Revitの推奨ノートパソコンは以上です。推奨ノートは推奨デスクトップと比べると種類が少ないのです。
次は推奨デスクトップを紹介します。

Revitの推奨デスクトップ【2023年2月版】

動作テストに合格した推奨デスクトップ(ISV認証取得済み)をリストアップしました。

HPのデスクトップ NVIDIA T400(Quadro)搭載
icon

icon据置型のHP Z8 G4 Workstation

Revit2022推奨PC/カスタマイズ次第で100万円超え
HPヒューレットパッカードWorkstationのフラッグシップモデルです。初期構成だとしょぼいですがこの機種はカスタマイズすること前提の機種です。高性能パーツを選択していくと購入金額は余裕で100万円を超えます。お金次第でとことん性能を上げられます。

・この機種が推奨PCとして認定される構成
〇HP Z8 G4にNVIDIA RTX A5000
〇HP Z8 G4にNVIDIA RTX A4000
〇HP Z8 G4にNVIDIA T1000
〇HP Z8 G4にNVIDIA T400
〇HP Z8 G4にNVIDIA T600
〇HP Z8 G4にNVIDIA RTX A2000


CPU:Xeon Bronze 3204/ メモリ:8GB/ グラボ:NVIDIA T400(Quadro)
税込 ¥407.440円~

詳細ページに移動
HP Z8 G4 Workstationicon
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



HPのデスクトップ NVIDIA T400(Quadro)搭載
icon

icon据置型のHP ZCentral 4R Workstation

ラックワークステーション/Revit2022推奨PC
普通のデスクトップとは全く違う形をしたラックマウント型ワークステーションです。置き場所の問題をクリアできる人だけが購入してください。
性能はパーツ構成次第でとことん上げられます。初期構成だとしょぼいので、カスタマイズ画面でパーツ構成を変更してください。

・この機種が推奨PCとして認定される構成
〇HP ZCentral 4RにNVIDIA RTX A6000
〇HP ZCentral 4RにNVIDIA RTX A5000
〇HP ZCentral 4RにNVIDIA RTX A4000
〇HP ZCentral 4RにNVIDIA T1000
〇HP ZCentral 4RにNVIDIA T400
〇HP ZCentral 4RにNVIDIA RTX A2000


CPU:Xeon W-2223/ メモリ:16GB/ グラボ:NVIDIA T400(Quadro)
税込 ¥440.000円~

詳細ページに移動
HP ZCentral 4R Workstationicon
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



Lenovoレノボのデスクトップ NVIDIA Quadro RTX6000搭載

据置型のThinkStation P920

Revit2021推奨デスクトップ/100万円越え
100万円越えを覚悟して購入するワークステーションです。初心者は絶対に避けてください。

・この機種が推奨PCとして認定される構成
〇ThinkStation P920にNVIDIA RTX A5000
〇ThinkStation P920にNVIDIA RTX A6000


CPU:Xeon Silver 4214/ メモリ:16GB/ グラボ:NVIDIA Quadro RTX6000
税込 ¥1.273.250円~

詳細ページに移動
ThinkStation P920
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



※Revitの推奨パソコンは以上です。要求スペックが高いので快適に動かすにはある程度値段の高いパソコンが必要になります。


(記事おわり)