3DCADと相性が良いノートパソコンだけをずらっと並べました。3DCADと相性抜群のグラボ(Quadro)を搭載しているので、Autocad・Inventor・VectorWorks、ソリッドワークスなどに向いています。

【14~15インチ】3DCADに適したノートPC

3DCADと相性のいいQuadro搭載ノートパソコンで、14インチ~15インチサイズの機種をリストアップしました。

Lenovoレノボのノートパソコン NVIDIA T500 (Quadro)搭載

15.6型の即納!ThinkPad P15s Gen 2 - ブラック

最低環境はクリアできても推奨環境には届かないかも
要求スペックの高い3DCADの推奨環境には届くか届かないか微妙・・・というスペックです。最低環境はクリアできますけど、大規模な3DCADモデルの編集は厳しいです。

CPU:Core i7-1165G7/ メモリ:16GB/ グラボ:NVIDIA T500 (Quadro)
税込 ¥194.898円~

詳細ページに移動
即納!ThinkPad P15s Gen 2 - ブラック
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



Lenovoレノボのノートパソコン NVIDIA T600 (Quadro)搭載

15.6型の即納!ThinkPad Mobile Workstation P15v G3

主要な3DCADの推奨環境はなんとかクリアできるThinkPad
コスパ良好なThinkPadです。Quadro搭載ノートのなかでは値段が安くて買いやすいですけど、主要な3DCADソフトの推奨環境をクリアできる性能を持っています。
〇 AutoCADの推奨環境クリア
〇 ソリッドワークスの動作環境クリア
〇 Vectorworksのミドル推奨環境クリア

× Inventor・Revit・Solid Edgeで大規模モデルを扱うのは無理
※納期について:即納パソコンなのですぐに届きます。

CPU:Core i7-12700H/ メモリ:16GB/ グラボ:NVIDIA T600 (Quadro)
税込 ¥218.900円~

詳細ページに移動
即納!ThinkPad Mobile Workstation P15v G3
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



Lenovoレノボのノートパソコン NVIDIA T550(Quadro)搭載

14型の即納!ThinkPad P14s Gen 3

重量わずか1.24kgの軽量ThinkPad
テンキーが無い小さめの14型ノートパソコンですが、そのぶん持ち運びは楽にできます。
重量は1.24kgでQuadroを搭載したノートパソコンとしてはトップクラスの軽さです。本体サイズは幅31.8cm x 奥行22.7cm x 薄さ1.8cm(おおよそのサイズ)。

CPU:Core i7-1260P/ メモリ:16GB/ グラボ:NVIDIA T550(Quadro)
税込 ¥226.600円~

詳細ページに移動
即納!ThinkPad P14s Gen 3
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



HPのノートパソコン NVIDIA RTX A1000(Quadro)搭載
icon

icon15.6型のHP ZBook Power 15.6inch G9 Mobile Workstation

ミドルレンジ性能の3DCAD向けノート
グラボがNVIDIA RTX A1000(Quadro)なのでそれなりにハイスペックですが、大規模3Dモデルの編集にはスペック不足になる可能性あり。メモリが16GBで固定されているので、性能を上げることが難しくなっています。

CPU:Core i7-12700H/ メモリ:16GB/ グラボ:NVIDIA RTX A1000(Quadro)
税込 ¥492.800円~

詳細ページに移動
HP ZBook Power 15.6inch G9 Mobile Workstationicon
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



ポイント:Quadro搭載のモバイルワークステーションは、15.6インチサイズが一番品揃えが多い。

【16~17インチ大画面】3DCAD向けノートパソコン

16~17インチの大画面ノートなのでサイズが大きくて重量もあります。普段はデスクトップのように事務所で使って、必要な時だけ外に持っていくスタイルになります。

HPのノートパソコン NVIDIA T550搭載
icon

icon16型のHP ZBook Firefly 16 inch G9

画面サイズは大きいがグラボ性能控えめ
大型ノートパソコンですが、グラボの性能は控えめなので大規模な3DCADモデルは厳しいです。

CPU:Core i7-1255U/ メモリ:16GB/ グラボ:NVIDIA T550
税込 ¥407.000円~

詳細ページに移動
HP ZBook Firefly 16 inch G9icon
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



Lenovoレノボのノートパソコン NVIDIA RTX A2000(Quadro)搭載

16型のThinkPad P1 Gen 5

ミドルクラス以上ハイエンド未満のThinkPad/RTX A2000搭載
ミドルクラスじゃ足りないけどハイエンド性能は必要ないという人に向いています。高性能なグラボ(Quadro RTX A2000)を搭載したThinkPadです。
一応言っておきますがテンキーは付いてません。数字を打ち込むときは上段の数字キーもしくは外付けキーボードを使うことになります。

CPU:Core i7-12700H/ メモリ:16GB/ グラボ:NVIDIA RTX A2000(Quadro)
税込 ¥441.375円~

詳細ページに移動
ThinkPad P1 Gen 5
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



HPのノートパソコン NVIDIA RTX A4500(Quadro)搭載
icon

icon16型のHP ZBook Studio 16 inch G9 新プレミアム

大規模3Dモデル向け
大規模な3Dモデル編集とか、完成した3DモデルをVRで散策するとか、強い負荷のかかる作業をする人向け

CPU:Core i7-12800H/ メモリ:64GB/ グラボ:NVIDIA RTX A4500(Quadro)
税込 ¥1.029.600円~

詳細ページに移動
HP ZBook Studio 16 inch G9 新プレミアムicon
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用




個人で買えるQuadro搭載ノートパソコンは以上です。


ここから下は法人 or 個人事業主のみ購入可能なパソコンになります

DELLのノートパソコン NVIDIA T600 (Quadro)搭載

15.6型のNew Precision 3571 プレミアムモデル

性能控えめ/法人 or 個人事業主のみ購入可
【法人〇・個人事業主〇・個人×】DELLの法人向けノートなので個人購入不可。個人はDELL以外のメーカーをチェックしてください。
性能的にはそこまで高くありません。グラボはT600で固定


CPU:Core i5-12500H vPro / メモリ:8GB/ グラボ:NVIDIA T600 (Quadro)
税込 ¥204.784円~

詳細ページに移動
New Precision 3571 プレミアムモデル
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



DELLのノートパソコン NVIDIA RTX A2000 (Quadro)搭載

17型のPrecision 5760 プラチナモデル

DELLは法人 or 個人事業主のみ購入可
【法人〇・個人事業主〇・個人×】グラボは固定
CPUビデオカード(グラボ)はNVIDIA RTX A2000(Quadro)の1種類のみで変更不可。

デルの法人向けパソコンは個人では買えません。法人か個人事業主だけが販売対象です。デル以外のメーカーなら個人購入できるので個人は他のメーカーで探してください。

CPU:Core i7-11850H / メモリ:16GB/ グラボ:NVIDIA RTX A2000 (Quadro)
税込 ¥320.785円~

詳細ページに移動
Precision 5760 プラチナモデル
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



DELLのノートパソコン NVIDIA RTX A2000(Quadro)搭載

17型のDell Mobile Precision 5760

【法人〇・個人事業主〇・個人×】17インチディスプレイ
17.3ではなく17インチディスプレイなので横幅は約37.5cm。最小重量は2.13 kgなので大画面ノートにしては軽め。
グラボはNVIDIA RTX A2000(Quadro)で固定、アップグレード不可。

デルの法人向けパソコンは個人では買えません。法人か個人事業主だけが販売対象です。デル以外のメーカーなら個人購入できるので個人は他のメーカーで探してください。

CPU:Core i7-11850H/ メモリ:16GB / グラボ:NVIDIA RTX A2000(Quadro)
税込 ¥496.981円~

詳細ページに移動
Dell Mobile Precision 5760
※リンクは同一タブで開きます。別窓で開くなら右クリック等を使用



ポイント:17インチワークステーションは種類が少ないですが、画面が大きくて使いやすいサイズです。有線LAN接続できるのは普通、HDMI端子も高確率で付いてるので据え置き機のような使い方ができます。

※3DCADに適したノートパソコンは以上です。

推奨パソコンを自分で確かめたい人はこちらを見てください。

ソフト別に解説:動作環境や推奨パソコンを調べる方法
Autodesk社のソフト

Autocad
REVIT
Inventor
Alias
動作環境を調べるページはソフトごとに違います。Autodesk社のホームページで調べられます。
Autocadの動作環境
REVITの動作環境
Inventorの動作環境
Aliasの動作環境

推奨グラボを調べるページは共通です。調べるときはソフト名だけ指定すれば推奨グラボが表示されます。
認定グラフィックスハードウェア検索(Autodesk社)


推奨パソコン(ISV認証済みPC)はパソコン販売メーカー側で調べます。Autodesk社のサイトでは推奨パソコンを調べられないので、各販売メーカーのサイトで調べます。
HPでISV認証済みパソコンを検索
LenovoでISV認証済みパソコンを検索
DELLでISV認証済みパソコンを検索
会社名の選択欄は「Autodesk」ソフト名選択欄はそれぞれのソフト名を選択

Solid Edgeソリッドエッジ ソリッドエッジの動作環境
ソフト販売元であるSiemens公式サイトで調べます。


推奨パソコン(ISV認証済みPC)はパソコン販売メーカー側で調べます。
HPでISV認証済みパソコンを検索
LenovoでISV認証済みパソコンを検索
DELLでISV認証済みパソコンを検索
会社名の選択欄に「Siemens」
ソフト名の選択欄は「Solid Edge」を選択

VectorWorks ベクターワークスの場合は推奨環境も推奨パソコンも公式サイトで調べることができます。
VectorWorksの推奨環境
VectorWorksの推奨パソコン
SOLIDWORKS
ソリッドワークス
公式サイトで両方調べることができます。
ソリッドワークスの動作環境はここ
認定済みの推奨パソコンも公式サイトで調べられます
推奨パソコンの調べ方は以上です。動作テストに合格したパソコンを買いたい人はチェックしましょう。
3DCADをノートパソコンで動かすつもりならグラフィックボードがQuadroのものを選んでおくと無難です。


2DCADだけなら購入はちょっとストップ!今あるパソコンを試してからJW-CADやAutoCAD LT(2次元のみ)で平面の図面を書くだけなら、今手元にあるパソコンで色々工夫してみたほうがいいかもしれません。3DCADほど要求スペックが高くないので設定を変えたりして、高速化すれば普通に動く可能性があります。高性能なパソコンが必要なのは2DCADではなく3DCADです。3Dモデリングデータを扱うときは高性能なグラボが必要になりますけど、2次元の平面図なら低スペックでもなんとかなる場合があります。Quadroを積んだワークステーションは高額なので、手持ちのパソコンで乗り切ることも考えましょう。


3DCADを動かせるノートパソコンは専門店にしか売っていませんノートPCで3DCADを動かせるマシンは専門店にしか売っていません。3DCADは要求スペックが高いので普通はデスクトップで使いますから。3Dモデリングデータをノートパソコンで扱うつもりならグラボがQuadroで、CPUとメモリが高性能というマシンが推奨されています。こういうノートパソコンは業務用のパソコンを扱う専門店にしか売っていません。


3DCADをノートPCで使うならQuadroのほうがいいQuadoroが良い理由:3DCADソフトのサポート対象になるから。ソフトにもよりますがゲーム向けグラボを使っているとサポート対象外になることがあります。ついでに言うと予想しなかった不具合が起きる可能性もあります。仕事で使うならケチらずにQuadro搭載パソコンを買いましょう。
動作がカクカクしていると作業中にずっとイライラすることになりますから。設計・建築・デザインなどで3Dデータを扱うときはグラボが重要になります。CADは特殊なソフトなので普通のノートパソコンでは動きが悪くなります。快適に作業したいならCADと相性のいいグラフィックボードを搭載したパソコンを選びましょう。


デスクトップのような高性能モデルもありますけど、HP、DELL、LenovoのようなBTOパソコンメーカーだと、「なんでこれほどの性能でノートなのか?」と疑問に思うような高性能な構成にすることもできます。上位モデルのパーツだけで構成すると70万円くらいはすぐに超えてしまいます。「本当にこんなすごい性能が必要なのか?」と落ち着いて考えて慎重に決めてください。ロマンで買うならいいですけど、必要だから買うつもりの人は、落ち着いて考えてみてください。